ゴキブリ買い取ります!・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキブリ買い取ります!


ヒューストン 2日 ロイター] ヒューストン自然科学博物館が、ゴキブリの展示会を開催するにあたって、ゴキブリを集めるために1匹25セント(約30円)で買い取っている。

同博物館は1000匹のワモンゴキブリ(アメリカンコックローチ、学名Periplaneta americana)を集める方針。このゴキブリは体長が約5センチに達し、飛ぶことができる。主に亜熱帯気候の都市に繁殖する。

うーん、あの人間に毛嫌いされるゴキブリがお金になるとは・・・

不潔なイメージもあるけれど、実はきれい好きなんだとか。

しかし、何でゴキブリはあれほど人に嫌われるのだろうか?

私もゴキブリは嫌なほうであるが、形状からしたらタガメなどと、そう差異はないように思える。

ゴキブリ以外にも、蜘蛛やムカデなども苦手ではあるけれど、あれは、あの形状が苦手に思わせるような形だから、自分としては説明がいくのだが、ゴキブリに関しては明確な理由が思いつかない。

しいていうならば、それは自分の生活空間に存在するからであろうか。プライベートな空間である、部屋や自宅で現れる。他の虫であるならば、外にはいてもなかなか出会うことはないが、ゴキブリはそうではないからであろうか。

とはいえ、別にネズミやヤモリが出たところで、別に嫌ではないのだから、やっぱり説明がつかない点もおおいのだが・・・

まぁ、生理的に嫌といってしまえばそれで全て説明がついてしまうのであろうか?

(引用:エキサイトニュース

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。