糖尿病 虫で足が助かる・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病 虫で足が助かる


若い人にも広まっている糖尿病。ひどくなると足が壊死して切らないといけない場合もあるようで。

そんな中、虫で足を切らずにすむ治療法があるようで。

ウジ虫療法で足切断回避 難治性潰瘍に高い効果
産経新聞
糖尿病などで足が壊死(えし)する「難治性潰瘍(かいよう)」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていること ...(続きを読む)

 

まだ、虫が貴重らしく足を切るほうが保険がきいて、安くすむんだとか。

個人的には、足が残るなら多少高くても、こっちをとるんだけど、これも価値観なんだろうか。

記事では、4万しか違わないみたいだし、こっちをとるんじゃないだろうか・・・

健康であることが一番なんですけどね。

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。