PS3 日本向けではないのか・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3 日本向けではないのか


ソニーが欧州で発売したPLAYSTATION 3の初回出荷台数は100万台とされている(英国では、そのうちの16万5000台が発売2日で売れた)。ソニーは詳細な情報の開示を差し控えてきたが、Financial Timesによると、最高経営責任者(CEO)のHoward Stringer氏は4月16日、欧州地域におけるPLAYSTATION 3コンソールの販売台数が80万台に近づいていると発言したという。

うーん、日本での売れ行きに比べて、欧米でのPS3の売れ行きはすごいですなぁ。確かに映像技術は凄いし、FFシリーズが出たらぜひやりたいと考えている。

でも、XBoxとあまり変わらなくなっているのでは・・・

もちろん、ソフトは今までPS2で出ていた作品の続編が出ているから、日本人好みのものは多いのだけれど、ちょっと変わっているようにも思える。

単純に今は本体価格が他のハードに比べて、高いから手が出せないのではとも思えるのだが、欧米で人気が出ているのは他の理由からだろうか。

欧米オリジナルのゲームの出ているし、アメコミが大好きな欧米人にとっては、それに関する作品が出れば、当然食いつく人も多いだろうし、はまるソフトもかなり違う。

世界規模で、やったほうが、売り上げも大きいだろうが、日本独自路線で世界へ挑む任天堂とソニー果たしてどちらに軍配が上がるのか。

(引用:CnetJapan

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。