古典は漫画で・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典は漫画で


空前の漫画ブームにわく英国で、シェークスピア作品に続いて、漫画版の聖書「THE MANGA BIBLE(ザ・マンガ・バイブル)」が7月に登場する。

ふむ、海外で漫画の人気はすごいと聞いていたけれど、イギリスでは空前の漫画ブームなんだとか。

文学作品を漫画で出すってのは、活字を好まない人たちにすごく受け入れられそうである。

英国では日本の漫画やアニメが爆発的な人気で、一部の書店には日本から輸入された漫画本専用の棚が設置されているほど。書籍オンラインショップ「アマゾンUK」のコミック売れ筋ランキングにも、日本発の「DEATH NOTE(デス・ノート)」や「NARUTO(ナルト)」がランクインしている。

 

日本でも、古典作品の枕草子や源氏物語が漫画になっているし、今回発売される聖書のコミック化もあったように思える。

絵から入るってのは、すごくイメージに残りやすいし、これを読んで、本家の作品を読んでみたいと思う人も当然増えてくるだろう。(映画をみて、原作を読みたくなるってパターンもよくあるし)

日本でも、どんどん古典作品が漫画化されていけば、今まで古典作品はちょっとって思っていた人もどんどん入り込んでいけるんではないだろうか。

(引用:FujiSankei Business i.)http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200704010011a.nwc

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。