アップル 路線変更 携帯電話市場へ・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル 路線変更 携帯電話市場へ


【ロサンゼルス=松尾理也】米アップルは9日、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」と携帯電話を融合させた「iPhone(アイフォン)」を発表した。携帯音楽プレーヤー市場で圧倒的な人気を誇るiPodの携帯電話版の登場は、熾烈な競争が続く携帯端末市場に大きな影響を与えそうだ。

コンピューター市場で、競争する方向から自社の優位な製品を使って、いろいろな市場へと進出していくというやり方はうまいなぁと。

iPodが登場して以来、そのシェアーをどんどん伸ばしているアップル社。このiPodを使っての他市場への進出は、その市場でやっている企業にとって脅威ではないか。

 同社のスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、サンフランシスコで行われた9日の発表で、「携帯電話の操作はこれまで、驚くほど難しかった。だから、われわれは電話そのものを再発明した」と述べた。

さすが、コンピューター会社だけあって、音楽機能の加え、通信関連での技術もしっかりと組み込んでいる。でも、着目して欲しいのはそこじゃないよ。電話自体なんだよって事でこれもまた・・・

もう、コンピューター会社じゃないなぁなんて思ってたら

ジョブズCEOは、iPodやiPhoneなどパソコン以外の商品を幅広く扱っていく同社の方針に対応し、「アップルコンピュータ」の社名を、単に「アップル」と変更すると発表した。

消費者の思っていることをしっかりと反映させてるしw

今後も、アップルには目が話せないですな。

引用:フジサンケイ ビジネスアイ)http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200701110032a.nwc

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。