子供をどんどん生みましょう・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供をどんどん生みましょう


3人目で100万円、4人目で300万円、5人目からは500万円の出産祝い金を支給します-。

 ソフトバンクは27日、同社とソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクBBのグループ中核4社の育児支援制度を4月1日から大幅に拡充すると発表した。

その金額を聞いただけで、びっくり。何ですかこの金額は・・・

それだけ、子育てにはお金がかかるということなんだろうけど、そこまで援助してくれる企業って。

とはいえ、今の子供の出生率とか見てたら、3人産むってのもなかなか大変そう。1人目からでないってのが、みそか・・・

国内最高額とみられる出産祝い金のほか、社員の子供が小学校に入学する際に携帯電話を無料で配布するなどユニークな制度で「日本一の少子化対策企業を目指す」(人事部)としている。

 

出産祝い金は従来3000~1万5000円だったが、大幅に増額。国内企業では、ベビー用品のコンビが200万円、バンダイが100万円のケースがあるが「調べた中では一番高い」(同)。2005年度に第5子以上が誕生した社員は5組おり、同年度の誕生実績で試算すると全体で年間計1億円の負担増となる。

 一方、携帯は小学校入学時に配布し、親の在籍期間中は基本料金が生涯無料になる。

まさに、企業に属する人はその企業の恩恵をもろに受けているって感じか。

昔、国鉄の社員の家族も電車代がかなり優遇されていたと聞いたことがあるけれど、今の時代携帯代が無料ってのは、うらやましい。

auやドコモの社員さんもこの恩恵をうけているのかしら。

中高生は、かなり携帯代使いそうだし、結構費用が高くつくのじゃないかしら・・・

FujiSankei Business i)  http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200703280011a.nwc

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。