物まね マイクロソフト・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物まね マイクロソフト


MS、「Virtual Earth」の今後の計画を明らかに

カリフォルニア州サンディエゴ発--MicrosoftのJohn Curlander氏は米国時間3月29日、3次元地図アプリケーション「Virtual Earth」のデモを披露した。Microsoftは、世界中の都市を飛び回って航空画像と動画を撮影し、同アプリケーションでは、仮想空間でマンハッタンのような地域の現実に近い体験を提供する。

うーん、これは、Google Earthのパクリでは・・・

日本人は、もとある技術を改良して、いろいろな製品を生み出していく、物まねの人種なんていわれてたりしますけど、マイクロソフトもこれに劣らず、オリジナルを使って独自の製品を生み出すのがうまいなと。

もともとコンピューターのOSもいろいろなものができていて、マッキントッシュのほうが、ウィンドウズよりも先に出てきている。

でも、多くのユーザーに選ばれたのは、ウィンドウズ。私もウィンドウズしか使っていないので、マックがどうかというのは評価しにくいけれど、イメージとしてマックは玄人好みそんなイメージ。

Microsoftの幹部は、Virtual Earthをエンターテインメント、ゲーム、電子商取引などの分野で活用できないか、定期的に議論を重ねているという。たとえば、同ソフトウェアをオープンにすれば、開発者はVirtual EarthをベースとしたXbox 360ゲームを開発することも可能だ。

しかも、製品をひとつにとどめず、いろいろなものに利用していくという方法もうまい。

Google Earth、Virtual Earthどちらが、主導権を握っていくのか楽しみである。

(引用:CNETニュース)http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346192,00.htm

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。