ネットで生きる人たち・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで生きる人たち


国内企業が運営するインターネット上の仮想3次元空間「splume(スプリューム)」(βサービス)が2007年3月20日に公開された。公開初日には、アクセス数殺到のため登録が一時できなくなるトラブルが起こるなど、その注目度は相当な高さだ。一方、近々日本語版が公開されると言われる米リンデン・ラボが運営する「セカンドライフ(Second Life)」には日本企業も続々と参入、一種のブームになっている。「splume」はセカンドライフをしのげるのか?

複数の仮想3次元空間が、次々と出ている模様。セカンドライフといえば、第二の人生って感じで、退職者が海外で余生を過ごすとか、都会でサラリーマンをしていた人が、田舎で農業をして暮らすといったイメージがあった。

だけど、今のセカンドライフといえばネット空間で、現実の生活をしている自分とは違う自分を過ごす、そんなところなんだろうか。

オンラインゲームにはまって、ゲームの住民になる人が増えているというのは聞いているけれど、セカンドライフにはまってくると、完全に仮想空間で生きているといっても過言ではなくなるのではないだろうか。

日本産のものも、どんどんでているようだし、利用者も増え続けている模様。

現実の世界の自分とは違う、そんな生活を送りたい、そんな願望を持つ人は少なくないだろう。それをまさに、叶えてあげているのがこれらのものなんだろうか。

ゲームとは、いわずまさに仮想空間。仮想の空間で生活を送るわけだな。

仮想の世界というと、ジム・キャリーを思い浮かべる。自分以外の人たちはすべて演者。それを知らずに、ひとり真実の世界だと思って暮らす。ちょっと、今回のものとは趣旨がずれるけれど、仮想現実にどっぷりはまりこんだ人が、ジム・キャリーと同じく現実と違うと気づくようになるのだろうか?

しかし、ちょっと興味があるので、参加してみようかな。

(引用:J-CASTニュース)http://www.j-cast.com/2007/03/24006344.html

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。