大統領制も遠くはない?・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領制も遠くはない?


<国民投票法案>今国会中に成立見通し強まる 自民了承

待ちに待ったって感じの国民投票法案もついに成立ですか。昔から、アメリカみたいに国のトップは自分たちで選べるようにすべきではないか、とずっと思っていた。

もちろん、自分たちが選挙で選んだ政治家の方がトップを選ぶのだから、まぁ間接的にはそうなのかもしれないけれど、あんだけ利権が絡んでいる状況を見せつけられたら、本当にちゃんと選ばれているのかと疑問を持って仕方がない。

ただ、内容をみていると

■国民投票法案骨子
 <投票の対象>憲法改正について国民投票に関する手続きを定める
 <投票権者の年齢>18歳以上は投票権を有する。施行までに18歳以上が国政選挙に参加できるようにするなどの措置をする。それまでは20歳以上
 <過半数の意義>賛成が有効投票総数の2分の1を超えた場合は承認
 <公務員、教育者の地位利用の禁止>公務員、教育者が影響力を利用して国民投票運動はできない。罰則は設けない
 <投票日前の広告放送の制限>投票日の14日前からテレビ・ラジオの有料の広告放送を禁止
 <個別発議>憲法改正原案の発議は内容に関連する事項ごとに行う
 <憲法改正原案の審査権限の凍結>憲法審査会は公布3年後の施行まで憲法改正原案の審査、提出をしない

と、憲法改正に対してのみ適応される感じで、国のトップを選ぶための法案ではないみたいだねぇ。

限定的な法案だけど、これが糸口となって、大統領制みたいに発展してくれればいいなぁ。

重要な議題を決めるのも適応すべきだなんて民主党言ってるし、ここから発展すれば、いけるかなぁ。

ただ、利権がうごめく政治の世界。そこまで、はたしていってくれるのやら。今後の政治の動向が楽しみである。

(引用:Yahooニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000034-mai-pol

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。