こういう風に拡大していくといいなぁ・コンピューター・政治・経済・ゲーム・オンラインゲーム・MMO・映画・本・運用・家電などいろいろな話題について書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう風に拡大していくといいなぁ


米Google傘下のYouTubeは3月26日、ビデオコンテスト「2007 YouTube Video Awards」の結果を発表した。

YouTube Video Awardsは、オリジナルビデオの優秀作品をユーザーの投票で選ぶコンテストで、今回が第1回目。2006年中に作成されたオリジナルビデオを対象に、7つの部門に分けて優秀作品を選んだ。

いまや、各雑誌で取り上げられ、利用者増大中のYouTube。著作権の問題で取り上げられもしているけれど、こういう発信サイトで、アマチュアの方々が発信できる機会があるというのはいいことだ。

 

「Most Creative」部門の最優秀作品はOK Goの「Here It Goes Again」。YouTube上で既に1300万人のユーザーが観た人気作品で、グラミー賞の「Best Short-Form Music Video」賞にも選ばれた。「Best Comedy」部門の最優秀作品「Smosh Short 2: Stranded」を制作した学生2人組smoshは、YouTube上で7万人以上のファンを得ている。

さすがに、インターネット上。ファンの数がすごいなぁ。

テレビや映画、雑誌等々いろんなメディアがあるけれど、今の通信技術の発展を見ていると、インターネットというメディアは決して軽視できない存在だ。

アカデミー賞などは、プロの作品を評価する場所で、アマチュアの方が評価されるのはなかなか難しい。だけど、このような場ではプロもアマも関係なく純粋に評価される。

今後、どんどん発展していって、逆にテレビなどのメディアで取り上げられる日が来るのも遅くはないのではないだろうか。

(引用:Yahoo ニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000029-zdn_n-sci

スポンサーサイト
Copyright © 烏帽子の興味深々 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。